猫好きの多くの人はご存知の『猫の日』

猫飼いさんや猫好きさんにとっては特別な日ですよね☆

でも実はこの『猫の日』、日本と世界では日にちが違うのです(*_*)

また、招き猫の日』が存在するのはご存知でしたか?

招き猫の日なんてものがあるなんて・・・少し珍しいですよね!

今回はそんな『猫の日』『招き猫の日』について、

意味や定められた理由、世界の『猫の日』を調査しました!

猫ちゃんにまつわる記念日についてご紹介したいと思います^^

スポンサーリンク

 

=『猫の日』はいつ?意味は?=

『猫の日』は、”猫の日実行委員会”が制定した記念日です!

1987年に、2月22日『猫の日』と定められました☆

この語呂合わせは、最も猫の日にふさわしい日ですよね♪

この『猫の日』は、

『 猫と暮らせる幸せに感謝し、

猫とともにこの喜びをかみしめる記念日 』

という考えで作られた記念日です!

また記念日の日には、猫だけではなく、

『全ての動物の命の大切さを再認識してもらう日』

という意味もあるそうです!

とっても素敵な思いの元で作られた記念日ですよね(*´ω`*)

=『猫の日』はどうやって決まったの?=

『猫の日』は、文化人で構成する”猫の日実行委員会”と、

一般社団法人”ペットフード協会”が協力して決めた記念日です!

2月22日に選ばれた理由はもちろん、猫ちゃんの鳴き声である、

「にゃん(2)」「にゃん(2)」「にゃん(2)」

の語呂合わせから選ばれました☆

全国の愛猫家からの公募によって決定したんですよ!

猫好きの人たちにとっては、

年に1度のお祭りの様な日になってますよね^^

=『世界猫の日』とは?=

『世界猫の日』は、国際動物福祉基金が定めた日です!

8月8日と定められ、【 World Cat Day 】と呼ばれています☆

制定されたのは2002年で、日本の『猫の日』より歴史は浅いです。

なぜ8月8日に決まったのか、理由は定かにされていないので不明です(._.)

末広がりで縁起が良い日な気はしますが・・・

2月22日の方が覚えやすいですよね(*_*)

スポンサーリンク

= 世界各国の『猫の日』は様々!=

世界には、各国それぞれの『猫の日』が制定されています☆

いくつか紹介すると、

アメリカでは、10月29日

ロシアでは、3月1日

ヨーロッパでは、2月17

他にも、イタリアには『黒猫の日』という記念日があったり、

中国には『猫祭り』という記念日が存在するそうです(@_@)

国によって様々な『猫の日』があるのですね☆

ちなみにアメリカでは野良猫が多い為、

行くあてのない猫が保護施設に収容されています。

その10月29日は、そんな猫たちを助ける日になっているそうですよ^^

=『招き猫の日』は知っていますか?=

『招き猫の日』は、”日本招き猫倶楽部”が制定した記念日です!

1995年、9月29日に定められました☆

人間に福を招いてくれる『招き猫』に、

「年に1度感謝する」という思いから制定されたそうです!

どうして9月29日かと言うと・・・

『来る・福』からの語呂合わせです♪

こちらも『猫の日』と同様、素敵な意味を持っていますよね^^

= 招き猫の雑学を紹介!=

実は招き猫は、「上げている手」によって招く福の意味が違うのです!

右手を上げている招き猫は・・・「お金を招く」

左手を上げている招き猫は・・・「人を招く」

という意味を持っているのです!

どちらも、とても縁起がいいものですよ☆

また「手の位置」でも、呼び込む福が変わってきます。

耳より手が高いと・・・「遠方の福を招く」

耳より手が低いと・・・「近場の福を招く」

と言われています!

耳より手が高い招き猫は、「手長」と呼ばれ珍しいそうですよ☆

あと気をつけたいのが、両手を上げてる招き猫です!

このようにバンザイしている猫、たまーに見かけますよね。

しかしこの両手上げの招き猫は、

「欲張りすぎてお手上げになる」と考えられ、

嫌う人が多いみたいです(゚д゚)!

意外と知らないことばっかりでビックリですよね(*_*)

招き猫の日があるなんて正直知りませんでした!

= まとめ =

『猫の日』『招き猫の日』についてご紹介しました!

いかがでしたか?少しでも参考になったでしょうか!

猫ちゃんが好きな人にとっては、なんだか嬉しくなる日ですよね☆

猫飼いさんも、家族の一員である猫ちゃんのこと考えてあげる時間を、

改めて作るのもいいですよね♪

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!・・・にゃん(ΦωΦ)

スポンサーリンク