今や世界中から認められている、大谷翔平選手

今年、日本ハムファイターズからロサンゼルス・エンゼルスに移籍しました。

メジャーリーグでも、早速活躍されていますね☆

今回は大谷翔平選手について、プロフィールやこれまでの経歴・成績などをご紹介します!

スポンサーリンク

 

大谷翔平プロフィール

今年、日本のプロ野球からメジャーリーグへ移籍した大谷翔平選手

プロフィールを詳しくご紹介します☆

大谷翔平(おおたにしょうへい)

 

Shohei Ohtani 大谷翔平さん(@shoheiohtanii)がシェアした投稿

生年月日 1994年7月5日(24歳)
出身地 岩手県奥州市
身長 193cm
体重 97kg

野球選手として素晴らしい体型に恵まれましたよね!

小学校と中学校は地元で育った大谷翔平選手

ちなみにご両親は父親が社会人野球の選手で、母親はバトミントンの選手というまさにスポーツ一家に生まれました!

そんな大谷翔平選手は、小学校3年生から”水沢リトルリーグ”に所属し本格的に野球を始めます。

当時からポジションはピッチャーで、キャッチャーも逃げるほどの速球を投げていたそうです!

なんと、小学5年生で110kmの速球を記録しているんです!!

一般の大人とほとんど変わらない球速・・・凄すぎますね!

中学校では、”一関リトルシニア”に所属。

やはりここでもエースとして活躍し、中学3年生のときには全国大会にも出場しています☆

花巻東高校時代の大谷翔平

大谷翔平選手はご存知の人も多いと思いますが、名門・花巻東高等学校に進学。

現在西武ライオンズに所属している、菊池雄星選手に憧れて同じ高校へ入学したそうです!

入学直後から4番に座り、1年生の秋からはエースも務めるなど、さすがの活躍を見せる大谷翔平選手

高校2年生のときには球速151kmをマークし、『みちのくのダルビッシュ』と注目されました☆

また3年生の夏の岩手県大会で、最速の160kmを記録!!

このときから、メジャーリーグにも注目されていました♪

スポンサーリンク

プロ野球の道へ・・・日本ハムファイターズへ入団!

実はメジャー希望だった大谷翔平選手。

しかし日本ハムからの単独1位指名を受け、入団交渉の末に入団を表明しました!

当初はなんといっても”二刀流”が話題になりましたね!

しかし、「プロ野球では無理」「マンガみたいだ」など色々と批判の声が多くあったのも事実です。

ところが、そこはさすがの大谷翔平選手

見事に結果を出し、世界も認める二刀流として、日本ハムで5年間活躍しました☆

2018年、満を持してメジャーリーグへ挑戦することを発表!

自身の夢であったメジャーリーグへの強い気持ちが前に出た結果ですね♪

ちなみに大谷翔平選手のこのときのお小遣いは・・・10万円だったそうです!

えっ・・・ちょっと・・・少なくないですか!?笑

野球以外に夢中になることがなかったのでしょうね!

改めてすごいですね~大谷翔平選手

メジャーリーグの道へ・・・ロサンゼルス・エンゼルスへ入団!

アメリカン・リーグの西地区で、本拠地はカリフォルニア州アナハイムのエンゼルス。

大谷翔平選手「西海岸のチーム」「市場の小さなチーム」を希望していたので、エンゼルスがまさに希望通りのチームだったということですね!

大谷翔平選手は、メジャーリーグでも二刀流を継続しています!

メジャーでの、投手・打者をポジションごとにご紹介しますね☆

投手としての大谷翔平

 

Shohei Ohtani 大谷翔平さん(@shoheiohtanii)がシェアした投稿

初登板はアスレチックスとの対戦で、初回に最高161kmを出すなど完璧な内容の立ち上がりでした!

すでにメジャーの野球に順応しているかのような投球を見せた大谷翔平選手

しかも140kmを超える高速スライダーを駆使し、6回3安打3失点、6奪三振とまずまずの初登板で終わりました。

残念だったのはチャップマンに一発ホームランを打たれたことですね。

しかしそれ以外は、完璧な内容だったと思います☆

とにかくすごいぞ・・・!大谷翔平!!

大谷翔平選手の2戦目は、またもやアスレチックスとの対戦でした。

なんと、6回までパーフェクト!

7回に初ヒットを打たれるも無失点に抑え、7回一安打無失点、12奪三振で開幕2連勝と圧巻のピッチングを見せてくれました☆

いつか必ずパーフェクトを・・・と期待してしまう投球内容でしたね!

3戦目はレッドソックス。

強打者ばかりのチームに初回からホームランを浴びると、2回3回にも失点を重ね、初めて黒星がついてしまいました。

とにかく、初メジャーでこれだけの成績はすごすぎですよね!

レベルの高さを感じます。

今年一年を通して、また慣れたら来年はとんでもない結果を出してくれそうな気がします!!

野手としての大谷翔平

 

Shohei Ohtani 大谷翔平さん(@shoheiohtanii)がシェアした投稿

DHではありますが、出場試合で開幕から3試合連続ホームランを記録!

アメリカのファンも納得の結果を出し、打順も8番から4番を打つまでに・・・☆

大リーグで投手で4番バッターも務めるというのは、日本人として初の快挙となります!

これから各球団はこぞってインコース攻めの”大谷封じ”で来ることが予想されます。

しかし大谷翔平選手の順応性の高さや対応力の高さで、大谷翔平選手自身も成長していくことと思います!

これからの成長が楽しみですね^^

最後に

大谷翔平選手についてご紹介しました!

小学3年生から野球を始めた大谷翔平選手

その頃から頭角を表していましたね!

日本のプロ野球での活躍は見られなくなりましたが、メジャーでのこれからの大谷翔平選手の成長が楽しみです♪

素晴らしい記録をこれからも残し続けてほしいですね!

頑張れ、大谷翔平選手☆

スポンサーリンク