2019年のドラフトで注目の選手、

明治大学『森下暢仁』投手!

今回のドラフトの目玉といえば、

『大船渡の佐々木」ですが!

即戦力として各球団、

必ず上位指名になること間違いなしの超目玉選手

今回はそんな森下暢仁投手について、

・プロフィールや経歴

・スカウト評価

・怪我が心配?

などをご紹介いたします^^

スポンサーリンク

 

=森下暢仁プロフィール=

名前:森下 暢仁(もりした まさと

生年月日:1997年8月25日(21歳)

出身地:大分県大分市

身長:180cm

体重:74kg

投打:右投げ右打ち

ポジション:投手

最終学歴:明治大学

=森下暢仁の経歴=

◆ 小学校時代

大分市立明治北小学校に通っていた森下暢仁投手。

小学校3年生のときに「明治少年野球クラブ」に所属!

これが、野球を始めたキッカケに♪

◆ 中学校時代

大分市立大東中学校に進学した森下暢仁投手は、

中学校の野球部に入部。

大東中では投手でしたが、

肘を故障して野手に転向しました!

中学3年生の夏にはピッチャー兼ショートとして、

九州大会で見事優勝☆

全国大会にも出場されています!

◆ 高校時代

大分商業高校に進学。

監督の勧めで、再び投手に挑戦した森下暢仁投手!

しかし、2年生でまた野手に転向(゚д゚)

そしてまた2年生の秋には、再び投手に挑戦!笑

投手経験の時期は少ない方だと思います。

高校最後の夏の大会では、5試合に先発で出場

甲子園出場とはなりませんでしたが、U-18に選ばれ、

ワールドカップ準優勝に貢献しました☆

◆ 大学時代

高校卒業後は明治大学へ進学。

春のリーグ戦から登板していましたが、

1年生の時に右肘骨折

そのため出遅れてしまいました・・・。

2年生の春からはリーグ戦に投手として出場し、

防御率ランキング2位に!

3年生の春には「エース」として活躍し、

最速で154kmをマークして話題となりました!

4年生からは「主将」としてチームを引っ張り、

この年、明治大学をリーグ戦で優勝に導きました☆

※ 国際大会にも2年生から選出されていて、

  大学生トップレベルの実力を持つ選手です!

 2019年全日本選手権では、

  明治大学を38年ぶりの優勝に導くなど、

  素晴らしい活躍を見せました☆

  MVPと最優秀投手賞を獲得しています♪

スポンサーリンク

=プレースタイルは?=

最速154kmのストレートと、

落差のあるカーブを中心に、

多彩な精度の高い変化球もある実戦的投手です!

中学・高校時代には、

野手としてプレーしていた時期もあるので、

バッティングも得意とのこと!

オールラウンダーですね☆

=怪我の多さが不安要素?=

投手として素晴らしく一流の選手なのですが・・・

唯一の不安要素は、「怪我が多い」こと!

高校時代は助骨を骨折

大学時代には、右肘の骨折右肩の関節唇の炎症を経験。

しかし森下暢仁投手は怪我のたびに、

なぜか球速がアップしているんですよね~(._.)

しっかりとしたメニューで、

真剣にリハビリに取り組んでいるからだと思いますが、

怪我が多いのは少し心配ですね(>_<)

=スカウトの評価は?=

森下暢仁投手は、

三振の取れる制球力のある投手なので、

プロ野球で例えると・・・

皆さんご存知!球界のエース!

「巨人の菅野」「阪神のメッセンジャー」

のようなタイプの投手☆

そのためプロスカウトからは、

勢いのあるストレートと緩急の効いたカーブ!

 即、プロ野球で活躍できるはず!

と、かなり高評価!!

何球団が1位指名を名乗り出るか楽しみな選手ですね

ちなみに巨人軍のスカウト陣は、

現在100人近くの候補者をリストアップ!

もちろん森下暢仁投手も入っていて、

その中でもAランクに選ばれているのだとか♪

「令和」初のドラフト会議で!!

「令和」初の指名選手!!

1年目から2ケタ勝利も、

十分に可能なのではないでしょうか♪

繰り返しになりますが、

何球団の指名がかかるか凄く楽しみですね^^

=まとめ=

森下暢仁投手についてご紹介しました!

いかがでしたか!?

安定感があり、即戦力の森下暢仁投手に大注目です

「令和」の大物の素質ありですね^^

最後までありがとうございました・・・一流♪

スポンサーリンク